« [No.94-1]やっかいな恋 | トップページ | [No.95-1]マイノリティ »

[No.94-2]やっかいな恋

No.94-2

「お互いフリーなんだから、気楽に行けば?」
「そうなんだけど・・・」

確かに、お互い独身で、恋人もいない。
でも、思った以上に、臆病になってしまう。

「ある意味、やっかいな恋ね」

自分で発した言葉は、軽いようで重い。

仮に付き合って、仮に別れたとしたら・・・。
もう・・・友達には戻れない。

「それでも、いいじゃない」
「彼を好きになった、それが友達だっただけの話よ」

聡子が背中を押してくれる。
「それって、経験談?」
「あら、よく知ってるわね」

二人で顔を見合わせて笑った。
冗談のつもりが、本当だったらしい。
だからこそのアドバイスだったのかもしれない。

「好きです」

後日、彼に気持ちを伝えた。
この一言で、私たちは結婚するに至った。

「ねぇ、もし私がフラれたら、どう慰めてくれた?」

「考えてなかったよ。
 だって、彼もあなたのこと好きだったの知ってたし」

やっかいな恋・・・臆病にならないで。

(No.94完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

| |

« [No.94-1]やっかいな恋 | トップページ | [No.95-1]マイノリティ »

(004)小説No.76~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.94-2]やっかいな恋:

« [No.94-1]やっかいな恋 | トップページ | [No.95-1]マイノリティ »