« [No.90-2]公園の片隅で | トップページ | [No.91-2]クリクリ目玉 »

[No.91-1]クリクリ目玉

No.91-1 [No.07-1]せいじゅうろう

(うーん・・・)

菜緒に言いたいことがあった。
ここまで出かかっているのに思い出せない。

「何だろう・・・分かるか?」

せいじゅうろうに聞いてみた。
相変わらず、ケータイにぶらさがってダラけている。

『うち、分からしませんよってに』
ある日の菜緒のセリフが、せいじゅうろうと重なる。

数日前、菜緒からの写メを整理した。

そのつもりが、ついつい見入ってしまった。
あんなこと、こんなこと・・・。
勘違いして大笑いした写真で溢れていた。
(あれ?なんだろう)
そのうち、疑問にも似た、何かを感じ始めた。
(菜緒に何か伝えなきゃ・・・)

「ほんと・・・何だろうな」

あの日からすっきりしない。
せいじゅうろうを見つめ直す・・・何か思い出すかもしれない。
真ん丸の目玉と目が合った。

「真ん丸の目・・・あっ!」

その瞬間、すっきりした。

(No.91-2へ続く)

|

« [No.90-2]公園の片隅で | トップページ | [No.91-2]クリクリ目玉 »

(004)小説No.76~100」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.91-1]クリクリ目玉:

« [No.90-2]公園の片隅で | トップページ | [No.91-2]クリクリ目玉 »