« [No.87-1]最後のページ | トップページ | [No.88-1]虹のマーチ »

[No.87-2]最後のページ

No.87-2

「読み終わったら、また持ってくるからね」

彼女の声が弾んでいるのが分かる。
あれ以来、僕は小説が好きになった。

「それが好きになった理由?」

結衣がサラリと聞いてくる。
昔々の彼女との話だ・・・隠す必要はない。

「そう、彼女の影響だよ」
「・・・なんかあるでしょ?」

嘘じゃない。
彼女から本を借りて読んでいるうちに好きになった。
ただ・・・。

「なんとなく・・・想像つくわよ」

数日後に、結衣から一冊の本を手渡された。
「多分、こういうことでしょ」
僕は急いで、最後のページをめくった。

結衣の感想がビッシリ書かれている。
「感想の感想を求めてたんでしょ、彼女は?」

彼女の感想が面白かった。
だから・・・本編を熱心に読むようになった。

(No.87完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ

| |

« [No.87-1]最後のページ | トップページ | [No.88-1]虹のマーチ »

(004)小説No.76~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.87-2]最後のページ:

« [No.87-1]最後のページ | トップページ | [No.88-1]虹のマーチ »