« [No.80-2]暗闇からの目覚め | トップページ | [No.81-2]風を感じて »

[No.81-1]風を感じて

No.81-1

「風って、何処から来るのかな?」

「そうだなぁ・・・ほら、そこに吹き出し口があるよ」
「バカ!」

(まぁ、無理もないか)

何の脈略もなく、しかも室内なら誰だってそう答える。
私としては、自然の風について聞いたつもりだった。

今、私は彼と美術館に居る。

目の前に、髪が乱れた女性が描かれた絵がある。
色調は明るく、表情は楽しげだ。
強い風に髪が乱れながらも、はしゃいでるように見える。
それとも、髪の乱れで何かを表現しているのか・・・。

「さっきはゴメン」
とにかく私の方が悪い・・・素直に謝った。
「いいよ。この絵を見てそう思ったんだろ?」
彼には分かっていたようだ。

大河の源流を探す・・・そんなテレビ番組を見た記憶がある。
極端に言えば、大河は一滴の雪解け水から始まる。

「風も同じなのかな?」

私の問いに、意外に彼の表情は真剣だ。
けど、風の始まりなんて、見たことも聞いたこともない。

「永遠の課題にしよっか?」
「いや・・・そうでもないぞ」

彼に、何やら考えがあるみたいだ。

(No.81-2へ続く)

| |

« [No.80-2]暗闇からの目覚め | トップページ | [No.81-2]風を感じて »

(004)小説No.76~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.81-1]風を感じて:

« [No.80-2]暗闇からの目覚め | トップページ | [No.81-2]風を感じて »