« [No.79-2]心のスケッチ | トップページ | [No.80-2]暗闇からの目覚め »

[No.80-1]暗闇からの目覚め

No.80-1 [No.07-1]せいじゅうろう

『いま、長崎におるねん』

今度はしっかり写真が添付されている。
“写メ”のはずが“メ”になっていることが、よくあったからだ。
(成長したな、菜緒)
写真が数枚、添付されているようだ。
「どれどれ」
早速開いて見る。

「えーっと・・・どこだ、ここ?」
と、その前に言うべきことがある。
「なんだ、これ?」

No801

メールの内容からすると、観光地としても有名な建物だ。
テレビや雑誌で何度か見たことがある。
でも、それらしい建物は何も写っていない。
わずかな青空と何やらピンボケのもの・・・。
暗くてその正体は不明だ。
(まてよ・・・もしかして)
写真の雰囲気では、レンズに指が写りこんだようにも見える。

「でもなぁ・・・撮影した時に気付くはずだよな」

『なぁ、写真変じゃない?』

一応、メールで確認した。
菜緒のことだ・・・何かハプニングの予感がする。

(No.80-2へ続く)

| |

« [No.79-2]心のスケッチ | トップページ | [No.80-2]暗闇からの目覚め »

(004)小説No.76~100」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.80-1]暗闇からの目覚め:

« [No.79-2]心のスケッチ | トップページ | [No.80-2]暗闇からの目覚め »