« [No.78-1]上を向いて | トップページ | [No.79-1]心のスケッチ »

[No.78-2]上を向いて

No.78-2

「ひまわりが凄いね!」

京香の強引さに気を取られ、周りを良く見ていなかった。
確かに、ひまわりが咲き誇っている。

「見て見て!私と同じ背の高さよ!」

京香が一本のひまわりの前で、はしゃぐ。
それは一際、黄色が濃いひまわりだった。

手で触れてみようとした瞬間だった。

急に風がざわめいた。

ひまわりは、僕から目をそらし、そっぽを向いた。
そして、風が止むと、僕と目が合った。

(何だろう?似たようなことが有ったような・・・)

今度は風がそよぐ。

ひまわりが小さく揺れる。
それでも太陽をしっかり見上げている。

「あら?仲がいいのね」

ふたりと一本で、空を見上げた。

(No.78完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.78-1]上を向いて | トップページ | [No.79-1]心のスケッチ »

(004)小説No.76~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.78-2]上を向いて:

« [No.78-1]上を向いて | トップページ | [No.79-1]心のスケッチ »