« [No.75-1]追いつけない自転車 | トップページ | [No.76-1]尚、この件は »

[No.75-2]追いつけない自転車

No.75-2

遠ざかる山下君の背中を見つめる。

(見つめる・・・見つめる?)

ハッと我に返る。
「ちょっと、なにするのよ!」
声はもう届かない。
(まったく、もう!)

“憎めない奴”友達には、こんな言い回しをする。
そう、遠回しに・・・。

「気を取り直そっと」

大きく深呼吸してから、もう一度ペダルに力を込める。
(さぁ、追いつくわよ!)
随分と離れてしまった彼を追いかける。

(見えた!)

彼の背中が近づく。
けど、追いつけそうで追いつけない。
そして、背中を見つめながら、分かり始めてきた。

あの感覚・・・。

「わたし、山田君が好きなんだ」

絶対、追い越して見せる。

(No.75完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.75-1]追いつけない自転車 | トップページ | [No.76-1]尚、この件は »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.75-2]追いつけない自転車:

« [No.75-1]追いつけない自転車 | トップページ | [No.76-1]尚、この件は »