« [No.74-1]シャボン玉 | トップページ | [No.75-1]追いつけない自転車 »

[No.74-2]シャボン玉

No.74-2

「わぁ!ほら見て!」

シャボン玉でこんなに、はしゃげるなんて思わなかった。
高校生にもなって、ちょっと恥ずかしい気もする。

不規則に色が付いたガラス玉のようだ。

表情を様々に変えながら宙を舞う。
けれど、それはすぐに消えてしまい、静寂が戻る。

「ねぇ、卒業したらどうする?」

今まで聞けなかったこと・・・今なら聞ける気がした。

「考えてないなぁ・・・」

彼を責める気はない、お互い高校生だから・・・。

「ごめん、変なこと聞いて。よし!大きいの作るよ」

その言葉通り、大きなシャボン玉が生まれた。
二人の驚く顔を映しながら、それは夜空を駆け上がった。
「が・ん・ば・れ!」
二人の声が重なった。

「どうした?」
「ほら、シャボン玉・・・」

青空に浮かぶシャボン玉を指さす。
あの日、夜空を駆け上がったシャボン玉は、いつまでも消えなかった。

(No.74完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.74-1]シャボン玉 | トップページ | [No.75-1]追いつけない自転車 »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.74-2]シャボン玉:

« [No.74-1]シャボン玉 | トップページ | [No.75-1]追いつけない自転車 »