« [No.73-2]Sensitivity | トップページ | [No.74-2]シャボン玉 »

[No.74-1]シャボン玉

No.74-1

頬に何か触れた。

(ん、あれ・・・?)

少し頬が濡れている。
一応、空を見上げて見る。
そこには雲ひとつない青空が広がっていた。

すぐにその疑問は解けた。

目の前をフワフワとシャボン玉が踊る。
それに、子供のはしゃぐ声が近い。
その声を目で追う。

「わぁ・・・!」

ひときわ大きいシャボン玉が横切る。
夏の日差しを受け、みずみずしく七色に輝く。
それが風に乗り、青い空を楽しそうに泳いでいる。

あの日と似た光景だった。

「やだぁ・・・何これ?」

狙いは、流行りのキャラクターグッズだった。
それが小さなピンク色の容器に変わった。

「それシャボン玉だよ」
「・・・ほんとだ」

彼と行った夏祭りのワンシーンだった。

(No.74-2へ続く)

| |

« [No.73-2]Sensitivity | トップページ | [No.74-2]シャボン玉 »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.74-1]シャボン玉:

« [No.73-2]Sensitivity | トップページ | [No.74-2]シャボン玉 »