« [No.70-1]素顔のままで | トップページ | [No.71-1]気持ち次第 »

[No.70-2]素顔のままで

No.70-2

化粧した知美は別人だ。

ただ、世間で言われる“化ける”とは少し違う。
雰囲気が変わると言った方が良いだろう。
以前、撮影した写真を見せてもらった時は正直驚いた。
これだと、街でバッタリ逢ったとしても、多分気付かない。

「これで、ええかな」

前髪をあげて、おでこを出したまま、聞いてきた。
大き目のヘアピンが印象的だ。

「さっきより、マシになったかな」
「マシって、なんやねん!」

知美がワザとすねた素振りを見せる。
多少の意地悪があってもちゃんと会話は成立する。
お互い手の内を承知しているからだ。

「綺麗に撮ってもらえよ」
「うん、ありがとお」

髪型を整え、出掛ける支度を淡々とこなしている。
ただそれだけなのに、なぜか愛らしく映る。

知美は、心に化粧をしない。

それが僕にとって、本当の素顔なんだ。

(No.70完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.70-1]素顔のままで | トップページ | [No.71-1]気持ち次第 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.70-2]素顔のままで:

« [No.70-1]素顔のままで | トップページ | [No.71-1]気持ち次第 »