« [No.69-1]カウンターパンチ | トップページ | [No.70-1]素顔のままで »

[No.69-2]カウンターパンチ

No.69-2

第1ラウンドは分かりやすい。
公認のカップルか、みんなが知っている片思いの話だ。

「みんなダメになったよね?」

千恵の顔は、少しも残念そうに見えない。

新入社員と言う立場や環境が、何か勘違いを誘う。
スキー場などで、やたら異性が格好良く見えてしまうのと似ている。
環境が変われば、心も変わる。

「そう言えば知ってた?」

第2ラウンドの鐘がなった。
だいたい次は、うわさ話や、“知る人ぞ知る”話の展開だ。

「それで何を?」
千恵の反応を伺う。

「康子ね・・・実は・・・」

千恵の話が延々と続いた。
熱弁には悪いけど、はっきり言って興味はない。
それを察知したのか、千恵が鋭い視線を送ってきた。
最終ラウンドの始まりだ。

「じゃ、そろそろカミングアウトしてもらおうかな!」

「私、伊藤君と付き合ってたよ」
「え!マジ!」
開始早々、見事なカウンターパンチが決まった。

(No.69完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.69-1]カウンターパンチ | トップページ | [No.70-1]素顔のままで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.69-2]カウンターパンチ:

« [No.69-1]カウンターパンチ | トップページ | [No.70-1]素顔のままで »