« [No.68-2]ドキドキ感 | トップページ | [No.69-2]カウンターパンチ »

[No.69-1]カウンターパンチ

No.69-1

「そうそう!」
「あった、あった!」

さっきから何度となく、この言葉を口にし、聞こえてもくる。
年代を問わず、昔話には花が咲く。

「あれから、10年たったんだ・・・」
冴子の言葉に、急に会話が止まった。
「あれれ・・・テンション下げちゃった?」
冴子が焦っている。
「違うよ。みんなもそう思っただけだよ」 
千恵の言葉に、みんながうなづく。

入社当時のメンバーが研修のために集まった。
こんな機会は滅多にないし、最初で最後になるかもしれない。
その想いと時の流れが何とも感慨深い。

「でも、ちょっと残念よね・・・」
千恵のトーンが下がる。
理由は見当が付く。
今回の研修は、同期の女性社員のみの研修だ。
従って、男性の姿はない。

「伊藤君に逢いたかった?」
「ちょ、ちょっと!」
私の言葉に千恵が過敏に反応する。
同期は性別問わず、仲良くなることが多い。
ただ、千恵の場合、彼を見つめる目が完全に“乙女”だった。

昔話に花が咲くと、その内、恋バナに発展する。
そして“誰と誰が”の話題から、第1ラウンドが始まる。

(No.69-2へ続く)

| |

« [No.68-2]ドキドキ感 | トップページ | [No.69-2]カウンターパンチ »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.69-1]カウンターパンチ:

« [No.68-2]ドキドキ感 | トップページ | [No.69-2]カウンターパンチ »