« [No.67-1]いつもここから | トップページ | [No.68-1]ドキドキ感 »

[No.67-2]いつもここから

No.67-2

三年前に、住み慣れたこの街を離れた。

そして、皮肉にも帰省中のこの街で流星群を知った。
世間の恒例行事は、必ずしも自分にとっての恒例ではない。

(無関心って・・・案外怖いことかもね)

『見て!見て!』
『すごい数の流れ星ね』

街を行き交う人の動きが止まり、誘われるのように、空を見上げている。
その行動の意味は分かっている。
けれど、私も空を見上げた。

星の雨に傘は要らない。
そんなロマンティックなセリフが似合う。

流星群が訪れる時、私はここにいる。
そして、こうやって夜空を見上げている。
何だかよく分からないけど、流星群は私に何かを教えてくれた。

『今日は星の雨に濡れて行こうかな』

誰かの洒落たセリフが聞こえてきた。

ペルセウス座流星群の下では、誰もが何かに気付く。

(No.67完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.67-1]いつもここから | トップページ | [No.68-1]ドキドキ感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.67-2]いつもここから:

« [No.67-1]いつもここから | トップページ | [No.68-1]ドキドキ感 »