« [No.64-2]きのこの山 | トップページ | [No.65-2]夜景 »

[No.65-1]夜景

No.65-1

歓喜の声が溢れている。

多分、ここに来れば誰もがそうなると思う。
ただ、少し条件が必要だ。
カップル・・・そして、夜・・・。

夜景を一望できるこの場所は、観光名所として有名だ。
街の灯りだけでなく、海には漁火が点々としている。
そのバランスが絶妙だ。
雑踏は全く聞こえない。
その静かさは、宇宙と一体化したような感覚だ。

私は、素直じゃない。

街を黒く塗りつぶして、偽りの輝きを見せる。
夜景なんてそんなものだ。
うそを隠して、見るものを騙している。
だから、昼間は、誰もここには来ない。

(本当は知ってるんでしょ?偽りだってこと・・・)

何度となく聞こえる歓喜の声に、問い掛ける。
誰もが役者なんだ。
“素直に喜ぶ”ことが台本に書かれている。
それをただ、演じているだけだ。

「何か、言いたそうな顔ですね?」

男性が声を掛けてきた。
私と同じ・・・ひとりのようだ。

「そうね、当ててみたら?」

苛立つ気持ちを、口にした。

(No.65-2へ続く)

|

« [No.64-2]きのこの山 | トップページ | [No.65-2]夜景 »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.65-1]夜景:

« [No.64-2]きのこの山 | トップページ | [No.65-2]夜景 »