« [No.62-1]かくれんぼ | トップページ | [No.63-1]傘 »

[No.62-2]かくれんぼ

No.62-2

六段のホットケーキを前に、せいじゅうろうがリラックスしている。
それぞれのシールを菜緒が組み合わせた。

「落としたんかな・・・」
あの粘着力では、その可能性もある。
「同じシールあったよね?」
「あるには、あるんやけど・・・」
確か、まだ同じシールを持っていたはずだ。
「ちょっと、顔が違うねん」
「同じシールだよね?」
「そうなんやけど・・・」

歯切れの悪い菜緒に、あることを思い出した。

手作りのせいもあるのだろう。
ストラップのせいじゅうろうも、微妙に顔の表情が違う。
これで、随分話が盛り上がった。
だから、菜緒にとっては、厳選された大切な一枚だったに違いない。

「見つかるといいね」

その矢先だった。

「おったぁ!こんなとこにおったで!」

どうやら、バックの中のポケットに落ちていたようだ。
でも、ホットケーキのシールは見つからなかった。

「お腹へったから、食べてしもうたんやね」

(そんなことは・・・・あるかもしれないな)

菜緒はせいじゅうろうを、ケータイの元の場所に戻した。
そして、新しいホットケーキのシールも貼った。

(No.62完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.62-1]かくれんぼ | トップページ | [No.63-1]傘 »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.62-2]かくれんぼ:

« [No.62-1]かくれんぼ | トップページ | [No.63-1]傘 »