« [No.61-2]彼が居ない季節 | トップページ | [No.62-2]かくれんぼ »

[No.62-1]かくれんぼ

No.62-1 [No.07-1]せいじゅうろう

「あれ・・・どっか行ってしもうた」

菜緒はスクールバッグの中をゴソゴソと探し始めた。

「何か探しもの?」
「せやねん。せいじゅうろうがおらへんねん」
「これかい?」
俺は、菜緒と同じストラップをぶら下げている。
「ちゃうよ、それは付いてるし」
菜緒がケータイを見せた。
「それなら、ロフトで買ったもの?」
以前、プレゼントした手のひらよりもやや大きい、せいじゅうろうだ。
「それは・・ほら、ちゃんとあるねん」
「ほんとだ・・・って、えっ!持ち歩いてるの!」

(そう言えば「今度連れてくる」と言ってたな)

「で、どのせいじゅうろうが居なくなったの?」
「ここのやで。ほら同じやつ貼ったやん」
そう言うと、菜緒はケータイのキャビネットを指差した。

(ほんとだ・・・)

ケータイの上面部分に、リラックマのシールを貼り付けた。
多少膨らみがあるシールで、おそろいにした。

「確かに、粘着力は弱かったよな」

自分のケータイのせいじゅうろうも、よくズレていた。
今は強力なボンドで接着し直した。

「旅に出てしもうたかもしれへんなぁ」

(そんなことは・・・ないぞ)

一応、心の中で突っ込んでおいた。

(No.62-2へ続く)

|

« [No.61-2]彼が居ない季節 | トップページ | [No.62-2]かくれんぼ »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.62-1]かくれんぼ:

« [No.61-2]彼が居ない季節 | トップページ | [No.62-2]かくれんぼ »