« [No.60-1]もてポイント | トップページ | [No.61-1]彼が居ない季節 »

[No.60-2]もてポイント

No.60-2

「ねぇ、ねぇ・・・」

(来た・・・)

「男子から見た女子の“もてポイント”ってなに?」

男にとっては、面倒な話の展開だ。
美咲の目は興味津々で、瞳の奥に“乙女”が見える。
何か答えないと、長引きそうな雰囲気だ。

「そ、そ、そうだな・・・」

予想していたとは言え、答えに困る。

「明るくて、元気な所かな?」
「あかんよ、答えはひとつずつやで」
美咲がこちらを睨み付ける。

(まずい・・・本気のようだ)

「それに、それ自分の好みやろ?」

(完全に見抜かれている・・・)

とは言え、世間の男子を代表できるような意見は持っていない。
でも、何か答えないと、終わりそうにない。

「えっ・・・と、時間に正確な人・・・かな」
「ほら、待ち合わせに堂々と遅れる人、居るよね?」

美咲の顔色を伺う。

「まぁ、そやね・・・」

ようやく、美咲のツボは押えることができたようだ。
だけど、美咲は気付いているだろうか・・・。
結局、どれも美咲のことなんだと。

(No.60完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.60-1]もてポイント | トップページ | [No.61-1]彼が居ない季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.60-2]もてポイント:

« [No.60-1]もてポイント | トップページ | [No.61-1]彼が居ない季節 »