« [No.59-2]見えない文字 | トップページ | [No.60-2]もてポイント »

[No.60-1]もてポイント

No.60-1

「身長はやっぱり高い方がええよ」

すっかり一般的になった、いわゆる“三高”のひとつだ。
美咲に言われるまでもない。

「もてポイントなんよ」

(モ・テ・ポ・イ・ン・ト?)

「なんだよ、そのモテ・・・なんとかは?」
「もてる、ポイント。略して、もてポイントやね」

なるほど・・・。
略して減った文字がひとつだけなのは、そっとしておこう。
それにしても、造語の作り方は現代っ子だ。
難なく、さらりと思い付く。

「あまり、実感したことないけどな」

確かに身長は高い方だろう。
だからと言って、それで“もてた”ことはない。
それ以外の要素も・・・と言うより、それ以外が重要なのかもしれない。
美咲は、いくつか“もてポイント”を話してくれた。
彼女がごく普通の女子代表なら、信憑性が高い話になる。
逆に、個性的すぎるなら、少し考えものだ

「じゃ、こんなのは?」
思い付く、もてポイントを美咲に話した。

「それ、ポイント高いやん!」

こんな話で盛り上がるのも、女の子らしい。
ただ・・・そろそろ、言われそうな気がする。
多分、そろそろ・・・。

(No.60-2へ続く)

| |

« [No.59-2]見えない文字 | トップページ | [No.60-2]もてポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.60-1]もてポイント:

« [No.59-2]見えない文字 | トップページ | [No.60-2]もてポイント »