« [No.057-1]ごめんYO | トップページ | [No.058-1]揺れるミニスカート »

[No.057-2]ごめんYO

No.057-2

『ごめん。言い過ぎた』

勇二から社内メールが届いた。
直接交渉がダメなら・・・彼のいつもの謝りパターンだ。
同じ職場と言うことを利用した作戦だ。

『今、仕事中だから後にしてくれる?』
これもお決まりの返事だ。

『分かった。本当に、ごめんYO』

(な、なによ・・・ごめんYOって?)

「変換ミスしてんじゃん」

(ごめんYO・・・って、ラップじゃないんだから!)

思わず、噴き出しそうになった。
狙って書いたなら、悔しいけど笑いのセンスは抜群だ。

『もぉー、許してあげるYO』

仲直りのチャンスは、今しかない。

(No.057完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.057-1]ごめんYO | トップページ | [No.058-1]揺れるミニスカート »

(004)小説No.050~100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.057-2]ごめんYO:

« [No.057-1]ごめんYO | トップページ | [No.058-1]揺れるミニスカート »