« [No.54-2]デジャブ | トップページ | [No.55-2]豆電球ネックレス »

[No.55-1]豆電球ネックレス

No.55-1

遥奈は変わったネックレスをしている。

「それって、豆電球だよね?」

「当ったり~!」
器用に豆電球をチェーンにくっ付けている。
「もしかして・・・半田で?」
遥奈は小さくうなずくと、赤く水膨れになった薬指を見せた。
「名誉の負傷だね」
そう言って、遥奈は笑顔を見せた。

平成生まれの、いわゆる“ギャル”だ。
そのギャルが昭和の匂いがプンプンする半田とは・・・。
ギャップが妙に新鮮だ。

「文化祭で、販売しようと思ってるんだ」

遥奈は芸術大学に通っている。
その芸術家の卵達の文化祭だ・・・・。

(何だか、すごいことになりそうだな)

「でも、アイデアがすごいね」
「そうかしら?」
謙遜した表情をしているものの、内心嬉しそうに見える。

「今度逢う時、ひとつあげるから楽しみにしてて」

(No.55-2へ続く)

| |

« [No.54-2]デジャブ | トップページ | [No.55-2]豆電球ネックレス »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.55-1]豆電球ネックレス:

« [No.54-2]デジャブ | トップページ | [No.55-2]豆電球ネックレス »