« [No.53-2]トータル・イクリプス | トップページ | [No.54-2]デジャブ »

[No.54-1]デジャブ

No.54-1

由貴との会話で、よく耳にする場所がある。

「そこって、実家なの?」
「そうやで」

実家の話なんて、珍しくもない。
ただ、リアクションに困る話を、サラッとしてくる。

「家ね、ボロかったんよ」
「いつつぶれても、おかしないねんぐらい傾いててん」

由貴の表情は至って穏やかだ。
悲しむわけでもなく、だからと言って笑い飛ばすこともない。
冷静に振り返っている感じがする。

「あの大震災は大丈夫だった?」
時期と場所が重なる。
好奇心ではなく、聞かない訳にはいかない。

「つぶれてもうたよ。今はもうないねん」

由貴は今でも実家近くを訪れているはずだ。
話の中に、近所の店らしい話が出てくる。
店のおじさんが私を覚えててくれたとか、あの公園は昔のままだとか・・・。
でも、肝心の実家には立ち寄っていない。
正確には、実家跡・・・だが。

「今度、一緒に行ってみないか?」

深い意味はない。
純粋に彼女が生きてきた軌跡に触れてみたい気がした。

「ええよ、何か変わるかも知れへんし」
「わかった」
今は、こう答えるしかできなかった。

(No.54-2へ続く)

| |

« [No.53-2]トータル・イクリプス | トップページ | [No.54-2]デジャブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.54-1]デジャブ:

« [No.53-2]トータル・イクリプス | トップページ | [No.54-2]デジャブ »