« [No.52-2]日向ぼっこ | トップページ | [No.53-2]トータル・イクリプス »

[No.53-1]トータル・イクリプス

No.53-1

「小夜(さよ)です、初めまして」

彼女とは単なる客として出逢った。
ただ、話が合うこともあり、そのうち自然と仕事抜きで逢うようにもなった。
恋人ではなく、会社の同僚のような関係として。

「今度、ランチに行きませんか?」
珍しく昼間のお誘いだ。
「大丈夫なの?夜・・・」
「その日は休みなんだよ」
「僕は大丈夫だけど、いいの?貴重な休みでしょ」
少し遠慮がちに言った。
「何言ってるのよ!貴重だから一緒に居たいのよ」
怒っているようで、怒っていない。
「ごめん、ごめん」
「じゃ、決まりね」
そう言い残すと、彼女は仕事に向かった。

「月が綺麗ね」

夜空を見上げた彼女が以前、口にしたセリフだ。
夜にしか生きれない自分を重ねたかのように、ポツリとつぶやいた。

彼女の後姿を見ると、いつも思い出す。

(No.53-2へ続く)

| |

« [No.52-2]日向ぼっこ | トップページ | [No.53-2]トータル・イクリプス »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.53-1]トータル・イクリプス:

« [No.52-2]日向ぼっこ | トップページ | [No.53-2]トータル・イクリプス »