« [No.52-1]日向ぼっこ | トップページ | [No.53-1]トータル・イクリプス »

[No.52-2]日向ぼっこ

No.52-2

それから数日後、菜緒と逢った。

「ほら、干した、せいじゅうろうやで」

いつもと変わらない、せいじゅうろうを見せてきた。
「日焼けしたんじゃない?」
軽いジョークを返した。
「ホンマや!茶色くなってる・・・って、もとからやんかぁ!」
乗り突っ込みはさすが、大阪人だ。

「うち、干されてしもうたんよ、ありゃりゃ・・・」

一人芝居が始まった。
いつもより、今日は特に楽しげだ。
ストラップのせいじゅうろうよりも、ずっと大きいそれを巧みに操っている。

「今度、みんなで日向ぼっこしようか?」
「そやなぁ・・・海にいかへん?」
菜緒と海へ行く約束をした。

「ありがとうね」
「何だよ、あらたまって・・・」
「みんなで・・・って言ってくれたやん」
「全員で5人だよね」
「そうやで」
「・・・・」
「あー!」
二人ほぼ同時にあることに気付いた。
俺と菜緒、せいじゅうろうとその仲間が2人・・・。

「ご隠居忘れてるやん!」

菜緒の大笑いが、しばらく止むことはなかった。

(No.52完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.52-1]日向ぼっこ | トップページ | [No.53-1]トータル・イクリプス »

(003)小説No.51~75」カテゴリの記事

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.52-2]日向ぼっこ:

« [No.52-1]日向ぼっこ | トップページ | [No.53-1]トータル・イクリプス »