« [No.44-1]窓辺から | トップページ | [No.45-1]ブリキのロボット »

[No.44-2]窓辺から

No.44-2

店内に流れる軽やかな音楽。
やや、遠くに聞こえる人の雑踏。
壁一枚を挟んで、対照的とも言える空間が広がる。

何も考えない。
何も考えていない。
そんな時こそ、逆に考えられる。
あえて“大勢の中の一人”を自分自身で演出する。

「お待たせしました」

店員が、アイスティーを運んできた。
微かな紅茶の香りは、小さな私の空間を更に演出する。

(しばらく、外を眺めていよう)

通り過ぎる人波みは、いつしか視界から消えていた。
本当は、大勢の人が歩いているのに。

『カラン・・・』

「あ・・・」
アイスティーの氷が音をたてて溶けた。
全てがまた始まった気がした。

(No.44完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.44-1]窓辺から | トップページ | [No.45-1]ブリキのロボット »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.44-2]窓辺から:

« [No.44-1]窓辺から | トップページ | [No.45-1]ブリキのロボット »