« [No.43-1]モノクロ-ム | トップページ | [No.44-1]窓辺から »

[No.43-2]モノクロ-ム

No.43-2

「奇抜さを狙ったのかしら?」
その女性が続ける。

「僕にはそう見えませんが、あなたは? 」
「どうかしら」
問いかけた本人が、答えを濁している。

単なるギャラリーではない、そう直感した。
この絵に何か想いを持っている・・・瞳の奥がそう物語っている。
僕の考えを察したのか、
「私がこの絵の作者だとお考えですか?」
と、女性が聞いてきた。

「どうでしょうか」
いたずらっぽく答えた後に、僕はこう続けた。
「作者は男性だと思いますよ」
「それに・・・その方は、もう・・・」
「・・・」
僕はあえて、その先を答えなかった。
女性の沈黙は、僕の答えが正しいことを証明したのかもしれない。

雲のない空と穏やかな海。
作者はそれを色褪せることなく、永遠に絵に残そうとした。
だから、あえて黒一色で描いたのだ。
見る者が、見る度に色鮮やかな青を重ねることを願って。

「お二人で見た、空と海はどうでしたか?」

「そうね、今でも胸に焼き付いているわ」
どうやら、僕の考えは正しいようだ。

「そして、彼はこの絵を送った・・・」
「えぇ、そうよ。この絵を見る度に思い出すわ」

女性の瞳には空が、溢れる涙には海が見えた気がした。
そう、真っ青な空と海が。

(No.43完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.43-1]モノクロ-ム | トップページ | [No.44-1]窓辺から »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
hRzNIgMy

投稿: hikaku | 2009年5月30日 (土) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.43-2]モノクロ-ム:

« [No.43-1]モノクロ-ム | トップページ | [No.44-1]窓辺から »