« [No.42-1]わたしの説明書 | トップページ | [No.43-1]モノクロ-ム »

[No.42-2]わたしの説明書

No.42-2

わたしは、自分でも変わり者だと分かっている。

同世代の女の子と比べると、興味の先がまるで違う。
それを彼は理解している。
それも、ごく自然に・・・。

「こんなクセがあるなんて・・・知らなかった」

説明書には、わたし以上にわたしのことが書いてある。
手作り感がいっぱいの、わたしの説明書。
今の気持ちを、おさえられない。

“ありがとう”

この一言を伝えたくて、最後まで読み終わる前に、彼へ電話した。

「ありがとう」
「わたし、特別なイベントなんていらないから」
言葉に詰まる。
「うん、分かっているよ」
いつになく彼の声は穏やかだ。

電話を終えて、続きを読んだ。
最後のページには、こう書かれてあった。

イベントより、日常
だから、そばにいて

だから、そばいにいるよ。

(No.42完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.42-1]わたしの説明書 | トップページ | [No.43-1]モノクロ-ム »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.42-2]わたしの説明書:

« [No.42-1]わたしの説明書 | トップページ | [No.43-1]モノクロ-ム »