« [No.41-2]あの虹を越えて | トップページ | [No.42-2]わたしの説明書 »

[No.42-1]わたしの説明書

No.42-1

スイーツより、おでん
それも、こんにゃく

浜崎あゆみより、エンヤ
時々、ELT

夢より、現実
と言うより、夢がない

浪費より、貯金
でも、ケチとはちがう

芸能人は、詳しくない
だって、テレビを見ないから
もっとも、興味もないし

洋服は、ゆったりしたのが好き
流行のレギンスは嫌い
パンストはもっと嫌い

彼から誕生日プレゼントを貰った。
その中に、
“さと美の説明書”と書かれた一冊の本が同梱されていた。

「わたしの説明書?」

そこには、私の好き嫌いなどが、書かれていた。
彼に、これらをまとめて話した記憶はない。

(今までの会話から・・・)

改めて文字にされると、本当だけに恥ずかしさが倍増する。
でも、素直に嬉しい。
会話の一つ一つでさえ、彼は覚えててくれたんだ。

(No.42-2へ続く)

| |

« [No.41-2]あの虹を越えて | トップページ | [No.42-2]わたしの説明書 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.42-1]わたしの説明書:

« [No.41-2]あの虹を越えて | トップページ | [No.42-2]わたしの説明書 »