« [No.41-1]あの虹を越えて | トップページ | [No.42-1]わたしの説明書 »

[No.41-2]あの虹を越えて

No.41-2

今日も雨だ。

通り雨なの?
それとも梅雨のように、しばらく降り続くのかしら・・・。
ただ、黙って過ごすしかない。
焦っても、仕方がない。

友人が心配して、次々に声を掛けてくれる。

その度に、あの日見た虹の話をした。
色鮮やかな七色が、青い空に吸い込まれるように伸びていた。
「一人じゃない」
なぜか、そう感じる。
「明日は晴れるかな」
あの虹の先に、何かを感じずにはいられなかった。

みんなが手を差し伸べてくれる。
赤の手、橙の手・・・それからも黄、緑、青、藍、紫と続き、いつしか七色を越えた。

あの虹を越えて行こう。
みんなと共に。

(No.41完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.41-1]あの虹を越えて | トップページ | [No.42-1]わたしの説明書 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.41-2]あの虹を越えて:

« [No.41-1]あの虹を越えて | トップページ | [No.42-1]わたしの説明書 »