« [No.40-2]転校生 | トップページ | [No.41-2]あの虹を越えて »

[No.41-1]あの虹を越えて

No.41-1

虹に出逢うチャンスはそう多くない。

「前に見たのはいつだったかな」

目の前でアーチを描く七色の虹を、私は冷静に見ている。
雨上がり・・・。
そう、雨上がりに見ることができるから価値がある。

「早く、止めばいいのに」
「えっ、なに?雨でも降ってきたの」

独り言で、友人を慌てさせたこともある。
私にとっての雨は、目には見えない。
悲しみの雨に濡れて、途方に暮れることもある。
だから現実の虹に、どこか嫉妬さえ覚える。

私にとっての虹。
心に掛かるアーチ。
いつになったら、雨は上がるのだろう。

(消えていくのね)

いつしか虹は、青い空に同化するように消えていった。
少し、日差しが強くなった気がする。
まだ、私の心は晴れていないのに。

(No.41-2へ続く)

| |

« [No.40-2]転校生 | トップページ | [No.41-2]あの虹を越えて »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.41-1]あの虹を越えて:

« [No.40-2]転校生 | トップページ | [No.41-2]あの虹を越えて »