« [No.40-1]転校生 | トップページ | [No.41-1]あの虹を越えて »

[No.40-2]転校生

No.40-2

放課後、部活が終了し、なにげなく立ち寄った教室に矢島が居た。

(こんな時間に何しているんだろう?)

いつもは、授業が終われば、さっさと帰ってしまう。
当然、クラブ活動はしていない。
茜色の空が、教室いっぱいに広がっている。
彼女は、それに包まれるかのように、自分の席から外を見ている。

「なぁ、矢島・・・」

つい口に出てしまった。
これから何を話せばよいのか、考えもしていないのに。

「なぁに?」
「えっ!」

彼女が返事をした。それも、やさしい笑顔で。

「あ・・・うん、綺麗な夕焼けだね」
「そうね」

会話は途絶えた。
でも、何とも言えない幸せな時間が、僕だけに流れた。
それから、先に彼女が教室を後にした。
校庭を歩く彼女の影は、僕に届きそうな位、長く伸びている。

(そう言えば、矢島は何してたんだろう?)

結局、肝心なことは分からずじまいだった。

クラスに一人とは言わないけど、学年に一人は居ると想う。
彼女のように、浮いた存在の女の子。
そして、そんな彼女を好きになる男子が。

(No.40完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.40-1]転校生 | トップページ | [No.41-1]あの虹を越えて »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.40-2]転校生:

« [No.40-1]転校生 | トップページ | [No.41-1]あの虹を越えて »