« [No.35-1]ルナの涙 | トップページ | [No.36-1]明日の笑顔 »

[No.35-2]ルナの涙

No.35-2

「そろそろ帰ろう」

(お客様・・・お客様・・・)

「え・・・」
「ご注文のアイスコーヒーをお持ちしましたが」
店員は、困惑顔で私を見ている。
「すみません・・・ついウトウトしちゃって」
状況は飲み込めていないが、多分そうだろう。

(ユメ・・・か)

どうってことない夢だ。
あの店員がこれから出逢う運命の人・・・なんてこともないだろう。
すでに、アイスコーヒーがそれを証明した。
正夢など、ドラマや小説だけの話だ。

ただ、何となく海を見つめていた。
赤く染まった海は、穏やかな波のうねりの質感が妙にマッチする。
それから、どれだけ時間が経過しただろう。
「もう、こんな時間か・・・」
やがて月は海を照らし始めた。
少し温まってから帰ろう。
メニューを広げると、妙な名前の飲み物が目に飛び込んできた。

「ルナの涙・・・?」

運ばれて来たそれは、普通のホットコーヒーだった。
「すみません、どうして“ルナの涙”なんですか?」
(本当は頼む前に聞くべきね)
「月が出る頃、ホットコーヒーを頼まれる女性の方に多いんですよ」
答えになっていない。

「お客様は、その理由をご存知ですよ」

(No.35完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.35-1]ルナの涙 | トップページ | [No.36-1]明日の笑顔 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.35-2]ルナの涙:

« [No.35-1]ルナの涙 | トップページ | [No.36-1]明日の笑顔 »