« [No.34-1]想い出の鍵 | トップページ | [No.35-1]ルナの涙 »

[No.34-2]想い出の鍵

No.34-2

歌詞がその時の心境と重なることがある。

ただ、全てそうとも言えない。
それに、歌が鍵の形を決めるんじゃない。
その時の心境に形がある。

(あの時の鍵はまだ見つからない)

彼とのエピソードはある。
でも、今は想い出す心境でもない。

「やっぱり、まどかには鍵が必要ね」

今日のドライブも、恵が私を気遣って誘ってくれた。
短大で初めて男性と付き合い、初めて別れた。
恵もそれを知っている。
だから、恵のおせっかいは、彼女なりのやさしさだ。

カーラジオからは、懐かしい歌が次々聞こえている。

「この歌・・・」

(あ・・・)
無意識に声が出てしまった。
「鍵穴に、ピタリきたようね?」
恵は私の一言を聞き逃していなかった。

「見つかったようね、彼との想い出の鍵が」

恵の勘は怖いほど鋭い。

(No.34完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.34-1]想い出の鍵 | トップページ | [No.35-1]ルナの涙 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.34-2]想い出の鍵:

« [No.34-1]想い出の鍵 | トップページ | [No.35-1]ルナの涙 »