« [No.31-1]もしも、あの時 | トップページ | [No.32-1]旅に出ます »

[No.31-2]もしも、あの時

No.31-2

「気になるわね」

由紀子は何が言いたかったのだろう。
でも、その答えを意外に早く知ることになった。

「私ね、結婚するの」
ただ、由紀子の表情は冴えない。
「彼との結婚が、その“戻りたい瞬間”になるとしたら」
由紀子はあの時の胸の内を話してくれた。

「単なるマリッジブルーよ」
「そうかな」
「そうよ、自信を持って!」
でも、由紀子はまだ迷っている。

これから私が選ぶ道が正しいかなんて、私にも分からない。
それに・・・。
誤った道でもいい。
私も、彼も道を誤りながら、こうやって出逢った。
「私も彼のプロポーズを受け入れようかな」
今なら、なぜか素直になれる。

「もしも、あの時・・・か」

考え始めたらきりがない。
今が幸せなら、それでいい。

(No.31完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.31-1]もしも、あの時 | トップページ | [No.32-1]旅に出ます »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.31-2]もしも、あの時:

« [No.31-1]もしも、あの時 | トップページ | [No.32-1]旅に出ます »