« [No.30-1]理由~今でも~ | トップページ | [No.31-1]もしも、あの時 »

[No.30-2]理由~今でも~

No.30-2

「へぇ~、意外ね」
「それで、ブログ始めたんだ」

今の想いを言葉にしたかった。
書くことで、色んなことが冷静に見えてきた。
色々な体験を、小説風に仕立てた。
「聞いていいかな?」
久美が遠慮がちに、こちらを見る。
「どこまでが事実なの?」

(事実か・・・)

「ほとんど事実ならどうする?」
私の言葉に久美は目を丸くした。
「そ、そうなの!じゃ、あの話もそうなのね?」

(あの話?あっ・・・!)

「ちょ、ちょっと!それ誘導尋問よ、ズルい!」
訂正はもうできない。
「でも・・・ほっとしたよ」
久美の雰囲気が急に変わった。
「う、うん・・・あの時はごめんね」

「話は変わるけど、その上司との関係は?」
久美の目が光る。
「単なる上司よ、か・つ・て・の!」
「好きなの?」
「そうね・・・嫌いじゃない」
(悟られないかしら・・・)

「ブログで伝えたら?今の想いを」

(No.30完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.30-1]理由~今でも~ | トップページ | [No.31-1]もしも、あの時 »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.30-2]理由~今でも~:

« [No.30-1]理由~今でも~ | トップページ | [No.31-1]もしも、あの時 »