« [No.29-2]ノスタルジア | トップページ | [No.30-2]理由~今でも~ »

[No.30-1]理由~今でも~

No.30-1

今でも、かつての上司と交流がある。
社内メール程度の関係でも、随分と私を助けてくれた。

人の心は折れやすい。

折れるきっかけは、人により違う・・・。
どんなに大変な仕事でも耐えてきた。
男性社員が舌を巻くほどに。

人の心は折れやすい。

自分がそうなってから、初めて気付いた。
(いつまで、この苦しみが続くのだろう・・・)
出口の見えない苛立ちは、もっと私を苦しめる。

『近況報告です』

今の心の内を、メールに託した。
しばらくしてから返信があった。

『言葉には意味がある。君が僕に教えてくれたことです』
(私が教えた・・・?)
『書くことによって、見えてくるものがある』
上司の言葉は、私の中の“私”を一瞬にして変えた。

(No.30-2へ続く)

| |

« [No.29-2]ノスタルジア | トップページ | [No.30-2]理由~今でも~ »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.30-1]理由~今でも~:

« [No.29-2]ノスタルジア | トップページ | [No.30-2]理由~今でも~ »