« [No.27-1]ひまわり | トップページ | [No.28-1]女の子へ聞け »

[No.27-2]ひまわり

No.27-2

親しい友達にさえ、
「私、ひまわりが好きなの」
と、言ったこともないし、それらしい物を集めたり、素振りも見せたことはない。

夏も終わりが近い。

今年はまだ、ひまわりは届いていない。
ホッとする反面、気にもなる。
恋愛の駆け引きなら、かなり大掛かりな仕掛けだ。

「私、そんなに想われるほど、魅力ないし」

結局、今年はひまわりは届かなかった。
それは、次の年もまた次の年も・・・。
でも、最後に届いたひまわりは何かを予感するかのように種として残った。

その種は、次の年もまた次の年も色鮮やかなひまわりを届けてくれた。

(No.27完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.27-1]ひまわり | トップページ | [No.28-1]女の子へ聞け »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.27-2]ひまわり:

« [No.27-1]ひまわり | トップページ | [No.28-1]女の子へ聞け »