« [No.26-1] Y | トップページ | [No.27-1]ひまわり »

[No.26-2] Y

No.26-2

「これ?エッチだね~」

(いきなり、来たか!もうダメかも・・・)
「違うわよ!」
「じょ、冗談だよ・・・!」
彼が慌てて否定した。
「アルファベットのYとか、道にも見えるね」
(これもいきなり、確信を突くわね)
「道なら、どんな道?」

「それなら、今から行こう」

彼は強引に私を引っ張り出した。
「ど、どこ行くのよ!」
「だから、その答えの場所さ」

確かに“Y”字型の道だ。
でも、これ自体が答えではない。
「この道を見ていると想うんだ・・・」
彼が話し出した。

「別の道を歩いていた二人が、いつか出逢う道・・・」
「それが、僕が出した“Y”の答えだよ」  

(No.26完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

| |

« [No.26-1] Y | トップページ | [No.27-1]ひまわり »

(002)小説No.26~50」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.26-2] Y:

« [No.26-1] Y | トップページ | [No.27-1]ひまわり »