« [No.13-1]バナナ入れ | トップページ | [No.14-1]ケーキの伝言 »

[No.13-2]バナナ入れ

No.13-2

もう何本目だろうか、バナナをバナナ入れに、出し入れしている。
どうやら、どんなバナナでも入ることを証明しているようだ。
『これもいけるやん!』
最後に元気な一言で動画は終わった。

結構、馬鹿馬鹿しいことなのかもしれない。
一つ一つ丁寧に、バナナを扱うその姿は、どこか笑える。
でも、彼女らしい。
そんな所が、誰よりも魅力的に見える。

『えー、うぅん・・・ごほん・・・』
「なんだ?」
再び動画が流れ始めた・・・と言うより、動画がまだ続いていたようだ。
(画面が真っ暗になったので、てっきり終わったのかと・・・)
『えー、ホタルさん、見てはるかな~』
「えぇ!」

『バナナ入れやけど、ほら、他の色もあるねんよ』
そこには赤だの青だの、バナナ入れファミリーが、勢ぞろいしていた。
『ホタルさんには、そやねぇ・・・これやね』
彼女の純粋なユーモアのセンスに、笑いが止まらない。

(No.13完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。

ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.13-1]バナナ入れ | トップページ | [No.14-1]ケーキの伝言 »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.13-2]バナナ入れ:

« [No.13-1]バナナ入れ | トップページ | [No.14-1]ケーキの伝言 »