« [No.01-2]グリーティングカード | トップページ | [No.02-2]非常階段のシンデレラ »

[No.02-1]非常階段のシンデレラ

No.02-1

彼女は教室の窓から見える非常階段にいた。
屋上から数えて2段下がった、いつもの場所に座っている。
その彼女が同じクラスだと言うことを、入学してから随分後になってから知った。
僕が知る限り、彼女は一度も教室に来たことはない。
登校すると、そのまま非常階段に直行し、いつも12時頃に消えてしまう。

“非常階段のシンデレラ”

いつしか彼女は、皮肉めいたあだ名で、そう呼ばれるようになった。

「退学した」

担任は、たった一言だけ告げた。一瞬、教室の時が止まる。だが、再び動き出すのにそう長い時間を必要としなかった。
(向こうからは何が見えていたんだろうか・・・)
担任の一言は僕を非常階段へと向かわせた。

彼女と同じ場所に座る。
僕の教室が見える。いや・・・正確には僕の教室しか見えない。
階段を一歩下がっても上がっても、周りが邪魔をして向こうがよく見えない。

(No.02-2に続く)

| |

« [No.01-2]グリーティングカード | トップページ | [No.02-2]非常階段のシンデレラ »

(001)小説No.01~25」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.02-1]非常階段のシンデレラ:

« [No.01-2]グリーティングカード | トップページ | [No.02-2]非常階段のシンデレラ »