カテゴリー「(000)お知らせ」の2件の記事

11年目を迎えるにあたり

2009年2月22日(日)に一作目「No.01 グリーティングカード」
が掲載されてから今日で、丸10年が経過しました。
自己満足の小説に付き合っていただいた多くの読者の方々
に感謝申し上げます。

さて、まずは軌跡を数字で振り返ってみます。
小説が898話ですから掲載本数は、898話×2=1796本です。
ホタル通信はNo.389ですから、合計すると、2185本の記事を
掲載したことになります。
さらに、2185本を3650日(10年×365日)で割れば、掲載率は
約60%です。

基本、月曜日と長期連休以外は掲載を続けていたのですが、
主に仕事の関係で、しばらく掲載できなかった時期が何度か
ありました。特に最近、その影響が大きくなり、休む回数が増
えているのが現状です。
それでも休む時は「休む」と宣言し、再開時期をキチンと書く
ことで、フェードアウトすることを防いでいます。もしもブログを
止めることになった時は、キチンと宣言しようと思っています。

最近は慢性的なネタ不足で、何度となくピンチに陥ったことが
があります。
どんな些細なことでも小説にする一方で、手当たり次第、無理
矢理に作ることはありません。ごく僅かであっても、そこに何か
を感じ、心が動かなければ作らないのがポリシーです。
ですから、言い換えれば大分、感性が鈍ってきているとも言え
なくもないですね。

でも、よく10年も続いたな・・・と自分のことながら感心もします。
もちろん、最初からずっと続けようと思っていたわけではなく、
気付けば「10年でした」というのが正直な感想です。
ここまで来たら、少なくとも1000話までは続けたいと思っていま
すが、当ブログの“独特の世界観”が落ち始めているという現実
を前に葛藤がないわけではありません。

11年目を迎えるにあたり、その葛藤さえも小説のネタのひとつと
して、これからも楽しんで頂ければ幸いです。
100%実話の小説が含まれていることもあり、これからも作者の
素性は明かさないつもりです。今の世の中、性別や年齢なんて
関係ありません。皆さんが想うイメージがホタルそのものです。
11year
作者 ホタルより

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生む
ことだって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡としてコメントや拍手を残して頂けましたら、
大変嬉しいです。ごゆっくりと小説をお楽しみください。

当ブログはブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しています。

小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の
 登場人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」は主人公ではなく物語を“引っ張る人”です。
 つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は =男性 =女性 を表しています。
マークは現時点から時間や場所の変化があったり、
 回想シーンに入った時や戻って来た時にも挿入しています。
 尚、No.200~No.359までは、マークを使用しています。
マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)
「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで掲載済み小説
 の舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」
 を付けています(★ひとつの実話度は20%)
・小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。
「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは菜緒(なお)が名付けたリラックマの
 名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そして
 いつもそれに巻き込まれてしまう“俺”・・・。
 
・2020/10/17
 都合により10月18日(日)~26日(月)迄お休みを
 
いただきます。再開は10月27日(火)を予定しています。
・2020/10/17
 いつもたくさんのFC2拍手をくれる方々本当にありがとう
 ございます

web拍手 by FC2ブログランキングへブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | コメント (28) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

(000)お知らせ (001)小説No.01~25 (002)小説No.26~50 (003)小説No.51~75 (004)小説No.76~100 (005)小説No.101~125 (006)小説No.126~150 (007)小説No.151~175 (008)小説No.176~200 (009)小説No.201~225 (010)小説No.226~250 (011)小説No.251~275 (012)小説No.276~300 (013)小説No.301~325 (014)小説No.326~350 (015)小説No.351~375 (016)小説No.376~400 (017)小説No.401~425 (018)小説No.426~450 (019)小説No.451~475 (020)小説No.476~500 (021)小説No.501~525 (022)小説No.526~550 (023)小説No.551~575 (024)小説No.576~600 (025)小説No.601~625 (026)小説No.626~650 (027)小説No.651~675 (028)小説No.676~700 (029)小説No.701~725 (030)小説No.726~750 (031)小説No.751~775 (032)小説No.776~800 (033)小説No.801~825 (034)小説No.826~850 (035)小説No.851~875 (036)小説No.876~900 (037)小説No.901~925 (038)小説No.926~950 (039)小説No.951~975 (040)小説No.976~1000 (041)小説No.1001~1025 (100)通信No.001~025 (101)通信No.026~050 (102)通信No.051~075 (103)通信No.076~100 (104)通信No.101~125 (105)通信No.126~150 (106)通信No.151~175 (107)通信No.176~200 (108)通信No.201~225 (109)通信No.226~250 (110)通信No.251~275 (111)通信No.276~300 (112)通信No.301~325 (113)通信No.326~350 (114)通信No.351~375 (115)通信No.376~400 (116)通信No.401~425 (117)通信No.426~450 (200)VホNo.001~025 (S01)せいじゅうろう