お知らせ

『冬のホタル』に、ご訪問頂きありがとうございます

道端の石ころも、磨けば宝石に負けないくらいの輝きを生むことだって・・・そんなブログです。
ご訪問の足跡としてコメントや拍手を残して頂けましたら、大変嬉しいです。ごゆっくりと小説をお楽しみください。

当ブログはブラウザIEで文字サイズ「小」で最適化しています。

小説の楽しみ方について
・文字の色は話の牽引役が黒、その相手は茶、その他の登場人物が居る場合は適当に色を付けています。
・「話の牽引役」は主人公ではなく物語を“引っ張る人”です。つまり、一人称小説における語り手になります。
・登場人物は =男性 =女性 を表しています。
マークは現時点から時間や場所の変化があったり、回想シーンに入った時や戻って来た時にも挿入しています。尚、No.200~No.359までは、マークを使用しています。
マークは「No.200」より対応(これ以前は未対応)

「ホタル通信」について
・2010年01月からスタートさせたコーナーで掲載済み小説の舞台裏やエピソード、作者の想いなど紹介しています。
・小説の実話度に応じて、0%~100%の表示と「★マーク」を付けています(★ひとつの実話度は20%)
・小説の牽引役が語り手となり作者を代弁しています。

「せいじゅうろう」シリーズについて
・せいじゅうろうとは菜緒(なお)が名付けたリラックマの名前。
・彼女と彼?が繰り広げる、なんとも愉快な日常。そしていつもそれに巻き込まれてしまう“俺”・・・。

・2021/2/26
本日より掲載を再開します。
・2021/2/13

都合により2月13日(土)~2月25日(木)迄お休みをいただきます。再開は2月26日(金)を予定しています。
・2021/2/13 
いつもFC2拍手ありがとうございます。

web拍手 by FC2ブログランキングへブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

| | | コメント (28) | トラックバック (0)

[No.1044-2]今も謎

No.1044-2

最初はゲームのためだと思っていた。
実際、彼女も僕もそのゲーム暦は長い。

「でも、僕が嫌いになったら・・・」

クローバーさえ、送ることも求めることもないと思う。
それなら他のプレーヤーにすれば良い。

「けど、今は僕だけだから仕方なく?」

比較的、難しいゲームだ・・・途中でやめた人も多い。
実際、身近では僕と彼女しかプレイしていないようだ。

「ただなぁ・・・」
「嫌いな人に送るのかな?」

もしかしたらそれはそれと割り切っているのかもしれない。
ゲームのためなら・・・と。

「まぁ、それ以外は連絡ないしな」

試しに正月にLINEを送った。
“謹賀新年”のスタンプだけを。

「見事に既読スルーされたよな」

予想はしていた。
けど、淡い期待もしていた。

「そして今も・・・」

クローバーの到着を知らせるメッセージが届いた。

「う~ん、謎だぁ!」
S1044
(No.1044完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1044-1]今も謎

No.1044-1

登場人物
男性=牽引役
-----------------------------

「・・・どう判断したらいいんだろうね?」

投げかけてはいるが相手は居ない。
ただの僕の独り言だ。

「まだ許してくれてないんだろうな・・・」

1年ほど前、知り合いの女性と口論してしまった。
正確に言えば、LINE上の文字でだ。

「あの時は言い過ぎたよな」

罵倒したのではない。
仕事上のアドバイスの度が過ぎた。

「ましてや女性の心理も理解せず・・・」

一番、嫌われる口論だと後で知った。
そこから、LINEでのやり取りが途絶えた。

「けどなぁ・・・」

今までのように文字や写真が届くことはなくなった。
でも、あるものだけは今でも届いている。

「そんなにゲーム好きだったかな?」

そのゲームは基本、無料で遊べるスマホゲームだ。
その中で、“クローバー”と呼ばれるものがある。

「これにどんな意味が・・・」

そのクローバーがあれば、すぐに1回プレイができる。
彼女はそれを毎日、送ってくるし、求めてもくる。

(No.1044-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1043-2]私たちも

No.1043-2

「私たちもそうだったね」

希望や不安に満ち溢れていた。
おかしな表現だけど。

「でも、あなたに出会えてよかったよ・・・」
「なによ、気持ち悪いわね」

こんな悪態をつけるのも、友達だからだ。
お互いの手の内は知っている。

「最初はギクシャクしてたもんね」
「そうそう!」

友達になれそうでなれない時期がしばらくあった。

「だから一気に友達になれたよね」
「今までの時間を取り戻すかのように」

それからは怒涛のごとく仲良くなった。
そして、今に至る。

「繰り返すようだけど・・・」
「ほんと、制服が眩しいね!」

確かに、その集団に圧倒される。
加えてその若さにも。

「そりゃそうよ」
「いくら私たちが若いと言っても」

10歳くらいは離れている。
とても話題が合いそうにない年の差だ。

「さぁ!私たちは私たちで行くわよ」
「だね!」

私たちもある意味、そんな目で見られているだろう。
着こなせていない地味なスーツにハイヒールだと。
S1043
(No.1043完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

«[No.1043-1]私たちも