« 7-2)低音が失速する理由 | トップページ

2017年11月11日 (土)

7-3)裏声感が消え始める

◆2017年01月某日

前回の補足です。男性の地声の場合、女性よりも息の出どころから鈴までの位置が短く、低音を出すのはとても簡単です。ところがミックスボイスになると、この鈴が女性の位置よりも前方に移動し、制御が難しくなります。強すぎると声が下がりきらず、弱すぎると失速し、丁度良い加減がなかなか定まりません。低音を出すために「声の出る位置を下げる」トレーニングをしているのはこのためです。ただ、下げ過ぎると、高音に影響しますので、まずは女性の鈴の位置を狙うのが、ひとつの答えだと考えています。

73

さて、この頃から、本格的に裏声感が弱まり、声に張りが目立ってくるようになりました。とは言え、歌い始めからすぐにと言うわけではなく、ある程度、喉が暖まってから・・・というのは以前と変りません。喉が暖まると、声の通りや押し出し感がよりハッキリし始めました。実はこの「押し出し感」が極めて重要で、最終的に原曲キーで歌いこなすための、最大のキーワードと言えます。

web拍手 by FC2

« 7-2)低音が失速する理由 | トップページ

7.実践編_+20%のコントロール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104673/66031958

この記事へのトラックバック一覧です: 7-3)裏声感が消え始める:

« 7-2)低音が失速する理由 | トップページ

最近のトラックバック

最近のコメント