はじめに

ご訪問ありがとうございます。管理人のピッピ(男)です。

 

「低めの男性曲でもサビになれば苦しくて声が出ない」そんなレベルの私が、何となく通い始めたひとりカラオケを通じて経験してきたことを紹介します。体験記事は過去日記になります。Karaoke_a01_b_06_3

2015年8月からひとりカラオケに通い始め、しばらくは「Every Little Thing」をメインに歌っていました。そんな時、昔から好きだったZARDのデビュー25周年記念のベストアルバムの発売を機に、本気で原曲キーにチャレンジしようと考えました。尚、チャレンジは現在進行形なので、最終的に自分が望む結果になるかどうかは正直分かりません。[2018年09月現在:完成度100%]

効率よく上達したいのならプロのボイストレーナーさんに教えて頂くのが一番です。あくまでも素人がカラオケを楽しみながらついでに上達してしまおう!の考えです。また、万一真似される方がいらっしゃいましたら、くれぐれも声帯を痛めないよう無理なさらずに。
Photo_1 

<目次>

1.基礎知識編

2.実践編_苦しさからの脱出

3.実践編_裏声の天国と地獄
 

4.実践編_ミックスボイスの領域

5.実践編_ミックスボイスを全開

6.実践編_声質と音域の関係

7.実践編_+20%のコントロール

8.実践編_先生は坂井泉水さん

9.実践編_実力を見誤る

10.実践編_トレーニングを増強

11.実践編_長い低迷期に入る

web拍手 by FC2   

2019年6月 9日 (日)

11-3)低域の成長過程の現象

◆2017年09月某日

得点だけで実力を判断すれば、全体的に平均点以下であり、相変わらず調子はイマイチでした。それでも、曲によっては今まで出せていなかった最高音が初めて出るなど、際立って調子が良い部分もありました。
さて、当時と今を振る返ってみると、ある事実が分かっています。当時も今も「歌いこなせていない曲」や「歌いこなせている曲」がある一方で、「当時は歌いこなせていたけど今は歌いこなせていない曲(この逆パターンも含む)」があります。この理由を一言で表すと、トレーニングの過程による喉の変化によるものと言えます。

トレーニングを始めて分かったことは、質を考えなければ高域はかなり早い段階で出すことが可能ですが、低域はそれに伴って成長してくれません。従って、長い時間を掛けて低域が成長する過程で、その時々にマッチしている曲やマッチしない曲が出てくることになります。これを繰り返しながら、最終的に実力が伴えば全ての曲を歌いこなせるようになると考えています。

web拍手 by FC2

 

2019年5月14日 (火)

11-2)地声は発声の土台

◆2017年08月某日

「GOOD DAY」の最高音hiE♭(ミ♭)が久しぶりに出るなど、部分的には出来が良かったのですが、全体的な調子はイマイチで、得点も一時期から比べると低迷していました。ただ、調子は悪いものの“歌いやすさ”は感じていました。高域も低域もスッキリ出ないのですが、地声の位置が下がってきたせいか、ようやく土台がしっかりし始めたようでした。

112

土台のイメージは図の通りであり、当初のミックスボイスが逆三角形だったのに対して、低域の改善が進むに連れて少しづつ、形が変化して行きます。下側の三角形が大きくなればなるほど裏声感が少ない安定したミックスボイスが出せます。録音した声を聴くと、それほど明確な違いを感じませんが、歌っている本人は声の出し方に明確な違いを感じています。この頃は、一般的に言われている「地声の割合が増える」ことが良いミックスボイスと思っていましたが、地声と言うより、息の出し方が極めて重要だということが現在分かっています。

web拍手 by FC2

2019年3月11日 (月)

11-1)地声とミックスボイスの壁

◆2017年08月某日

10-5)好調と不調の繰り返し」で記事にした通り、好調さがリセットされ、約2か月ほど不調の時期が続くことになります。振り返ると、好調と不調の波は均一ではなく、低域の改善が進めば進むほど、不調の時期が長くなっている気がします。
リセットされた時点では高域が一番出難くなっています。この状態からトレーニングを重ね、再び高域がスムースに出せるまでの期間が不調ということになります。2019年3月現在も不調から好調への移行途中であり、恐らく最後の変化を遂げようとしています。

111

この頃、歌唱後、普通にしゃべるとミックスボイスと地声を行ったり来たりするような変な声になったりすることがありました。今でこそ、両者の声に境目はありませんが、当時は壁のようなものがありました。実はこの壁が、地声のような裏声を出すというミックスボイスの原点を妨げており、この壁を感じなくなるまで約1年以上掛かりました。

web拍手 by FC2

2019年1月28日 (月)

10-6)まとめ

◆当時を振り返って

点数的には好調な時期でした。以前、記事にした通り、「高得点=歌が上手い」とは言えないまでも安定していた時期でもありました。ただ、この頃の低音は今と比べるとかなり酷く、「声が出ない」「地声がゴボッと出てしまう」「クリア感がなくボソボソした声質」など、質の面では今一歩でした。当時、まだ録音をしていなかったので、声が上ずっていたことを知りませんでした。低音と高音は密接な関係があり、低音が出せないと声は上ずって聞こえます。逆に、声の上ずり感が減ってきたということは、低音の改善が進んでいる証拠です。

web拍手 by FC2

2018年12月24日 (月)

10-5)好調と不調の繰り返し

◆2017年07月某日

前回、喉の位置の正体について記事にしましたが、この位置の変化はかなり歌唱に影響します。前回の図を参考にすれば、A点とB点がある位置で固定化し始めると歌唱が安定し、トレーニング毎に上達して行くのが分かります。この状態はややしばらく続くのですが、ある時、今までの上達ぶりが嘘のように急激に調子が悪くなる時がやってきます。そして、しばらく不調が続き、そこからまた徐々に上達し始めます。以降、これを繰り返し今に至っています。下図のようなイメージです。

105

経験上、低域の発声の改善に合わせて、好調と不調の変化が起き、好調さが言わばリセットされます。でも、これは実は喜ばしいリセットで、これがある度に次のステージへと確実にステップアップしています。
ものすごく簡単に言えば、B点が腹に向かって移動する時がリセットの時です。つまり、A点とB点がある位置にあり、この状態でしばらくトレーニングを重ねて行くと、声帯が鍛えられ、特にB点が喉から解放されます。そして、B点が移動し、そこからあらたなA点とB点の位置が定まるわけです。

web拍手 by FC2

«10-4)喉の位置の正体

最近のトラックバック

最近のコメント