« [No.933-1]歴史的発見? | トップページ | [No.934-1]静かなケンカ »

[No.933-2]歴史的発見?

No.933-2

「それって・・・」

さすが友人、察しがいい。
さっきの“親子”というキーワードを理解している。

「何ガメ?外来種?」
「そ、そっちぃ!?」

多分、日本固有の種だと思う。
特別詳しくもないが、いたって地味な感じだったからだ。

「じゃぁ、なにがどうしたわけ?」

群れをなして、甲羅干ししているところは良く見掛ける。
でも、連なって泳いでいるところは見たことがない。

「たまたま泳いでるというより・・・」

小さなカメが、大きなカメに遅れまいと必死だったように見えた。
流されているのではなく、明らかに泳いでいた。

「普通、有り得ないじゃん」
「だって、親子で行動するのは無理でしょ?」

知る限り、卵を産んだら、それで終わりだ。
海ガメをイメージすれば分かりやすい。

「そう言われると、そうねぇ~」

・・・とすると、あの小さなカメは何者だったのだろうか?

「それにしても、目の付け所に非凡さを感じるわ~」
「かるくディスられてる?」

でも、何か温かいものを見た気がする。

「カメの親子を見たの、私が初めてじゃないのかな?」
S933
(No.933完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.933-1]歴史的発見? | トップページ | [No.934-1]静かなケンカ »

(038)小説No.926~950」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.933-1]歴史的発見? | トップページ | [No.934-1]静かなケンカ »