« [No.930-2]電車を見送る少女 | トップページ | [No.931-1]家族になりたい »

ホタル通信 No.405

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.460 かばんに手紙
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

オチを読んで「なるほど!」と一瞬は思いますが、よくよく考えると
違和感がないわけではありません。

実話度はそこそこ高めで、実際にかばんに入れていたのも事実
です。決して、“隠す”意図はありませんでした。
ある日、不用品を整理していたところ、それが発見されました。完
全に忘れていましたので、結構、ビックリしたことを覚えています。
メッセージカードと言っても、ビッシリ何かが書かれていたわけで
はなく、2、3行程度の短いものでした。

もちろん、色気のある内容ではなく、記憶では引っ越ししたときに
ありがちな「お近くにお立ち寄りの際は・・・」程度でした。
そこに深い意味は隠されていないとは思いますが、積極的に見せ
るにはためらいがありました。
そのため、隠ぺいではなく、目に付かない場所に置くという感覚で
カバンに入れた・・・そんな記憶がおぼろげに残っています。

オチは特にひねったものではなく、浮気の心配がない・・・というこ
とです。ただ、どことなく違和感を感じるのが不思議です。
T405
web拍手 by FC2

|

« [No.930-2]電車を見送る少女 | トップページ | [No.931-1]家族になりたい »

(115)通信No.401~425」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.930-2]電車を見送る少女 | トップページ | [No.931-1]家族になりたい »