« [No.933-2]歴史的発見? | トップページ | [No.934-2]静かなケンカ »

[No.934-1]静かなケンカ

No.934-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
中学生の時、親友と一度だけ大喧嘩をしたことがあった。

「でもね・・・」
「大喧嘩なんだけど」

周りには喧嘩していることさえ伝わらないレベルだった。

「・・・どういうこと?」
「つまり・・・」

つかみ合いでもなく、口げんかでもない。
例えとしては不適切だが、“冷戦”という言葉が似合う。

「早い話、それ以来、口をきかなくなったの」
「・・・原因は?」

当時、仲直りするまで喧嘩の原因は分からなかった。
それに、その原因が“私に”あったことも。

「話しかけられた時、そっけない態度をとったらしくって・・・」

もちろん自覚はなかった。
でも、自覚がないからこそ、もめる原因になるのも確かだ。

「でも、そんなこと、なくないよね?」
「私もね、そう思ったんだけど・・・」

簡単に言えば、真相はこうだ。
私の疑問に対して、わざわざ調べて答えを用意してくれた。

「それなのに無関心だったのが、許せなかったみたい」

真相も、仲直りした時に聞かされた。

「しばらく理由が分からなくて悶々としてた」

ある日、意を決して親友と向き合ってみた。

(No.934-2へ続く)

|

« [No.933-2]歴史的発見? | トップページ | [No.934-2]静かなケンカ »

(038)小説No.926~950」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.933-2]歴史的発見? | トップページ | [No.934-2]静かなケンカ »