« [No.934-1]静かなケンカ | トップページ | ホタル通信 No.407 »

[No.934-2]静かなケンカ

No.934-2

「そしたら・・・」

原因となる出来事を話してくれた。

「親友だったからこそ、油断してたのかも」

ある意味、何をしても通じていると思った。
まさに“親しき仲にも礼儀あり”に欠けていたと言える。

「さっきも言ったけど、そんなつもりはなくって」

繰り返しになるが、自覚もなかった。
けど、この手のことは相手がどう思うかに尽きる。

「友達だからこそ気をつけるべきことがあるよね?」
「そう・・・友達という関係は“免罪符”じゃない」

誤解を招きそうだが、友達だからこそ気遣いが必要だ。

「それからというもの“良い意味”で気を使ったわ」
「うん・・・わかるわかる!」

平たく言えば、友達を大切するということに他ならない。

「なるほど・・・」

目の前の親友が、妙に納得した表情をしている。
嫌な予感がしなくもないが・・・。

「なに警戒してるのよ?」
「そうじゃなくてさぁ・・・」

そう言うと、腕をまわしてきた。

「ちょ、ちょっとなに!?」
「気にしない!気にしない!」

確か、仲直りした帰りも、こんなだったっけな・・・。
S934
(No.934完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへにほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.934-1]静かなケンカ | トップページ | ホタル通信 No.407 »

(038)小説No.926~950」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.934-1]静かなケンカ | トップページ | ホタル通信 No.407 »