« [No.931-1]家族になりたい | トップページ | [No.932-1]フーとハー »

[No.931-2]家族になりたい

No.931-2

「こっちぃ!?」

見た感じ、ごく普通のウィンナーに見える。
その証拠に・・・。

「これいつもの・・・だよな?」

商品のパッケージをチラ見する。

「そうやで!」
「“そうやで!”って・・・」

いつものウィンナーがなぜ主役なのか?
全く検討が付かない。

「期間限定かなんか?」

今度は商品を手に取り、マジマジとパッケージを見つめる。
・・・が、そんな文言はひとつも書いていない。

「なにゆうてんねん、いつものやで」
「それより、見てん!」

そう言われても、いつものウィンナーが4本焼かれているだけだ。
切れ目もいつも通りだ。

「“見てん”と言われても僕には・・・」
「もぉ、しゃーないなぁ・・・」

そう言うと、ウィンナーを菜箸で並べ始めた。

「・・・はい!」
「何だよ!?“はい”って!?」

ただ、何らかの規則に従って並べたようだ。

「左右に大きなのが2本・・・」

それに挟まれるかのように、真中に小さなのが2本・・・。
S931 
(No.931完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.931-1]家族になりたい | トップページ | [No.932-1]フーとハー »

(038)小説No.926~950」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.931-1]家族になりたい | トップページ | [No.932-1]フーとハー »