« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

[No.930-1]電車を見送る少女

No.930-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・“鉄ちゃん”だっけ?」
「ん?えっ・・・なに?」

友人の言葉に我に返った。

「どうしたの?電車なんか見つめちゃって」
「いや・・・その・・・それじゃなくって」

別に隠す必要がないけど積極的に言いたくもない。
“その先”をアレコレ聞かれるのが怖いからだ。

「もしかして、あの女の子?」

さすが友人・・・察しが早い。
確かに、電車に向かって手を振る女の子を見ていた。

「たまに見かけるね」
「そうね」

実際、私もそうだった。
電車というより、むしろ乗客や乗務員に向かって手を振った。

「そしたら、車掌さんが手を振り返してくれたり・・・ね」

今まさに、その光景が目の前で起こっている。

「こんな経験が大切なんだよね!」

そう・・・良くも悪くも、友人の言うとおりだ。

(No.930-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.929-2]気が強い女

No.929-2

(連絡・・・忘れてた)

急ぐあまり、遅れることを連絡していなかった。
そんな時の“スマホ”のはずなのに。

「ごめん、焦ってて・・・」

この言葉に嘘はない。
本当に、頭から抜け落ちていた。

「全く・・・今度そうなったとしても・・・」
「冷静に対処すること!」

社会人一年生に怒られる、五年目の僕が居た。

「りょーかい!」
「返事だけは、威勢がいいんだから・・・」

もし、彼女と結婚でもしたら完全に尻にひかれるだろう。
彼女の気の強さは、すでに社内でも有名だ。

「予約、19時だったよね?」
「そうだよ」

幸いにも、予約の時間には何とか間に合いそうだ。

「さぁ、走るわよ!」

そう言うと、さっそうと走り出した。

「プッ!何だよ・・・その走り!」

気の強さとは裏腹な、何とも乙女チックな走り方だった。
S929
(No.929完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.929-1]気が強い女

No.929-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「もぉ!遅いぃ!」

到着するなり、開口一番に怒られた。
まぁ、30分も遅刻すれば必然的にそうなるだろう。

「ほ・ん・と・・・ごめん!」

途中、スマホを忘れたことに気付いた。
大急ぎで取りに戻ったものの、結果はこうだった。

「スマホくらいいいじゃん!」
「そうはいかないよ」

別にゲームをしたいとかSNSを見たいとかではない。
これがないと待ち合わせもままならないからだ。

「待ち合わせ場所を決めてなかっただろ?」

ある意味、悪い風潮かもしれない。
時間と最寄り駅を決めたら、後はその日次第だ。

「まぁ・・・そう言われたらそうだけど」
「だろ?」

決まっていたら、取りには戻らなかった。
僕にとって、スマホは必需品じゃない。

「なんか、話をズラしてない?」
「そ、そうかな・・・」

どうやらこのまま押し切るのは無理っぽい。
仕方ない・・・もう、一度、素直に謝っておこう。

「とにかく、ごめん!」
「今度から、連絡くらいしてよね!」

彼女の言葉にハッとした。

(No.929-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.404

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.476 気付かない
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

タイトルだけ見ると、どんな小説であったか全く思い出せません
でした。でも、読み返して見ると・・・。

読み返して最初に思ったのは「あれ・・・他にも似たような小説を
書いてるよね?」でした。あらためて言うことではありませんが、
“あるべき建物が無くなる話”はもはや定番と言っても良いくらい
冬のホタルではお馴染みの話です。
そして、いつも“気付けなかった自分”に対する罪の意識にも似た
感情がわいてきます。

つくづく思うのは、いつも目にしている光景なのに、いざそこにあ
った何かが無くなっても、全くと言っていいほど思い出せません。
単に目にしているだけでは、記憶として残らないのだと、つくづく
そう思います。
今回の話は多少の思い入れがあったため、そこにどのような店
があったのかを思い出すことはできています。でも、無くなった
ことはすぐには気付けませんでした。

こんな話を大真面目に書いていると、少し引かれそうですが、
「こうやって人の記憶からどんどん消えて行くんだ」と思うと少し
寂しい気持ちになります。
そんなこんなで、ややしんみりムードの展開だったので、ラスト
はコミカルに仕上げてみました。
T404
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.928-2]なぜか落ち着く店

No.928-2

「それならそれでいいじゃん!」

もし、今まで何かしらの未練があって・・・。
何かに姿を変えて、私たちの前に現れていたとしたら・・・。

「けど、私たちの会話って・・・」
「“アレ”が“居る”のが前提?」

私の一言に、友人が大笑いした。

「そ、そうみたい!」

恐怖心はない。
むしろ、温かいものを感じる。

「そりゃそうでしょ?」
「私たち、極度の怖がりでしょ?」

“彼女”はそれを知ってる。
だから、仮の姿で出てきてくれると思っている。

「本当に本人が登場すれば、腰が抜けちゃうよ」
「だね」

良い意味で、信じていないから言える話だ。

「でも・・・何もないのも寂しいね」
「・・・そうね」

ほんの少しだけ、しんみりした時間が流れた。

「話は変わるけど・・・いい店ね」
「ほんと!すごく落ち着くというか」
S928
(No.928完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.928-1]なぜか落ち着く店

No.928-1   [No.863-1]今年の夏は  

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「今年は何もなかったわね・・・」
「ようやく成仏したのかな?」

その一言は、友人なりの“ユーモア”だった。

「そうかもしれないね」

ここ数年、墓参りに行けば必ず“何か”が起こっていた。
今年は何もなく、たまたま立ち寄ったカフェに座っている。

「似てる店員さんがいるとか?」
「それは行き過ぎでしょ・・・」

テレビのドッキリ企画なら有り得る話だろう。

「それなら・・・」

どうしても、“彼女”に出てきてほしいらしい。
確かに、その気持ちはゼロではない。

「いっそのこと、ご本人登場!なんてどう?」
「・・・あのね」

でも、もし・・・そうなったらどう対処すれば良いのだろう。
友人の言葉を否定しつつも、考えずにはいられない。

「でも・・・本当に成仏したのかもしれないね」

色々、やりたいことがあったはずだ。
それを思うと、やりきれなくなる。

(No.928-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.927-2]しれっと・・・

No.927-2

「なになに!?」
「今朝ね・・・」

今朝の出来事を話した。

「ネコ?」
「うん、時々見かける野良ネコなんだけど」

そいつが寝そべっていた。
日陰で気持ちよさそうに。

「それで、すぐそばにね・・・」

こちらも時々見かけるおじいちゃんがベンチに座っていた。
傍らに犬を従えて。

「・・・笑える?」
「まぁ、話を最後まで聞いて」

その犬も気持ちよさそうに寝そべっていた。
無理も無い・・・朝から強烈な暑さだったからだ。

「なんだか、ネコもおじいちゃんに飼われてるようで」

野良のはずなのに、まるで飼いネコのような距離間だった。

「しれっと、寝そべってる姿に・・・」

突っ込みを入れずにはいられなかった。
S927
(No.927完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.927-1]しれっと・・・

No.927-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
(えっ・・・あんたは違うでしょ!?)

通り過ぎざまに心の中で叫んでしまった。

「連休中、何か良いことでもあった?」

同僚が私の顔を見るなり、声を掛けてきた。

「・・・なんで?」
「だって、珍しく笑顔じゃん」

返答に困る。

「なら、いつもはどんな顔してんのよ?」

彼女が変顔をして見せた。
美人ではないにせよ、そこまで酷くもない。

「あのね・・・まじめに聞いてるの!」
「もぉ、朝から怒らないのぉ」

その原因を作った人に言われたくない。
でも、心当たりがないわけではない。

「とにかく、何かあった?」

多分、今朝のあの出来事が私を笑顔にしてくれたのだろう。
思い出すたびに吹き出しそうになる。

(No.927-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.403

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.495 鍵以外
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

ありがちなパターンの小説です。何でもかんでも恋愛に結びつけ
てしまう初期の作風です。

・・・とは言うものの、読み返して見ると、そこそこ良い感じのオチが
付いています。正確には覚えていませんが、オチは後から思い付
いたパターンでしょう。あくまでも「鍵が固い」という事実から話を展
開させています。

従って、実話度は低めです。
実話度はゼロでも支障がないレベルですが、鍵と悪戦苦闘してい
たのは事実であり、“シュー”と潤滑油を吹きかけたのも事実です。
こんな“日常の中の日常”過ぎるネタを選んだのも何らかの可能性
を感じていたからだと思います。
固い・・・ギクシャク・・・人間関係・・・彼との関係と連想するのはそう
難しいことではありません。
ラッキーなことに“調子が悪くても騙しだまし使う”のフレーズが彼と
の関係にも使えたことでした。一言で言えば、惰性ということになる
のかもしれませんが、その言葉よりもリアリティを感じます。

オチは分かりますか?
特にひねっていないので読んで頂いた通りです。“油”が何であった
かは別にしても、それを差しすぎたせいで「ベトベト=ラブラブ」にな
ってしまったわけです。小説ではあえて言及せずに、鍵なのか彼な
のか、はぐらかして終わらせています。
T403
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.926-2]黄色のラケット

No.926-2

「でも、急にどうした?」
「・・・卓球、始めるの?」

昔と違って、雰囲気も変わった。
俺たちの時代は、少なからず卓球に偏見があった。
やや根暗なスポーツだと・・・。

「まさか!」
「うち、スポーツはまるでアカン」

ある意味、意外だった。
見た目は少なくとも文学少女ではないからだ。

「そうは見えないけどな・・・」
「それならどうして?」

今日、急に呼び出された。
それなりの理由がなにかあるはずだ。

(・・・まてよ)

こんな時は、かならず“あいつ”が出てくる。

「実はなぁ・・・」
「せいじゅうろうが・・・」

そう言うと、あいつを目の前に出してきた。

「随分と汚れたな~!」

そこそこ痛みも進んでいる。

「卓球、始めるんやて」
「せいじゅうろうが?」

もはや、“誰が”と本気でボケたりはしない。

「はぁ・・・いつものせいじゅうろうだよね?」

目の前にはいつものあいつか居る。

「よう見てん!黄色いラケット持ってるやん!」
「どこにだよ!?それは、まくら・・・」

片方がほつれて、ラケットを持っているようだった。
S926
(No.926完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.926-1]黄色のラケット

No.926-1      [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「俺か?まぁ・・・短かったけど」

菜緒(なお)から、質問を受けた。

「よく覚えてたな?俺が卓球部だった話」

かなり前に、ほんの少しだけ触れたことがあった。
短期間だけ、卓球部に所属していた話を。

「二週間やった?」
「ほんと、よく覚えてるな・・・」

これだけ覚えられていると、恥ずかしさも増してくる。
長続きしない奴とか根性無しな奴と思われるからだ。

「別にええやん」
「せやかて、なんで辞めたん?」

“ええやん”と言いながらも、しっかりと理由を聞いてくる。
正直、あまり答えたくはないが・・・。

「よくある、練習がキツイというパターンだよ」

それに、一度も玉を打たせてもらえなかった。
初心者は体力作りから・・・という理由で。

「そりゃ、そうなんだろうけど」
「・・・納得がいかなくて」

そうそうに退部というか・・・練習に行くのをやめた。

(No.926-2へ続く)

| | コメント (0)

[No.925-2]ロンサム・シーズンⅡ

No.925-2

俗に言う自然消滅だったと思う。
少しずつ距離が遠のいていった。

「そうなのかな?」
「何だよ・・・違うのか?」

別にケンカをしたわけでもない。
それに少なくとも僕は彼女のことを嫌いになっていない。

「私だってあなたのことを嫌いになったわけじゃない」

気付けば、1ヵ月が過ぎ、さらに半年が過ぎていった。
その内、これに慣れてしまった自分が居た。

「言い方がよくないけど・・・」
「何だか、肩の荷が下りたというか・・・」

言いようのない不思議な安堵感がそこにあった。

「そう・・・」
「・・・ごめん」

とは言え、結局別れた理由にはなっていない。

「言っとくけど、別によりを戻そうというわけじゃないのよ」
「・・・分かってるさ」

もちろん共通の友達もそれをも見越した計らいだ。

「でもね・・・」

そう言ったまま、しばらく考え込んでしまった。

「・・・何だよ、はっきり言っていいぞ」
「曲が始まってから53秒後が私の言いたかったこと!」

何の曲だよ?

(No.925完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.925-1]ロンサム・シーズンⅡ

No.925-1      [No.428-1]ロンサム・シーズン

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・ひ、久しぶり・・・」
「こちらこそ!」

こういう場面になると、女性の方が堂々としている。

「何年振りかしら?」
「あまり、変わってないね!」

たじろぐ僕を尻目に、話をどんどん先に進めてくる。

「そ、そうかな・・・」
「そうよ!」

学生時代に付き合っていた彼女と会うことになった。
ただ、二人きりではない。

「会ってくれないと思ってたよ」
「それはこっちのセリフだよ」

共通の友達を通じて、この場が設けられた。
あまり乗り気じゃなかったのが、正直な気持ちだ。

「私たち、どうして別れたんだっけ?」
「・・・それは・・・」

ある意味、返答に困る。
口にしたくない理由があるからではない。

「僕の・・・せい?」

恐る恐る聞いてみた。
お互い明確な“別れ”を口にしたことはなかったはずだ。

「・・・どうだろう?」

彼女も考え始めてしまった。

(No.925-2へ続く)

| | コメント (0)

ホタル通信 No.402

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.473 私でした
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度が高い分、何ともいえない“ゆるさ”で仕上がっています。
でも、お気に入りの小説のひとつです。

大阪以外でも、“551”をご存知の方は多いでしょう。大阪土産と
して持ち帰る人も結構いらっしゃいます。
冒頭、「お気に入りのひとつ」とは書きましたが、全体的に好きと
いうわけではありません。好きなのは、ラストの一行だけです。
このフレーズがあるから、この小説が成立していると言っても過
言ではありません。

そのラストの一行は実話です。つまり、実際にメールのやりとり
が行われた結果、最後に送られてきたものがその一行です。
それが何とも面白くて、車内で思わず吹き出しそうになったのを
覚えています。
小説だと、メールの他にアレコレ差し込まれているので、テンポ
は感じ難いですが、実際はテンポよく話が進んだために、ラスト
の一行が際立ちました。「私でした」という何の変哲もない一行
ですが、相手の表情や感情まで、その時感じました。

最近、小説の“質”が落ちていることを自覚しており、かなり長い
スランプに陥っています。
ただ、創作能力が落ちたのではなく、小説のネタを感じ取る感性
が落ち、魅力的な実話に出会っていないため・・・と言ったほうが
いいでしょうね。しばらく“我慢”が必要な今日この頃です。
T402_20190803232101
web拍手 by FC2

| | コメント (0)

[No.924-2]さっきのグー

No.924-2

「今回はね・・・すごいよ!」
「・・・な、なにが・・・」

今回はいつものパターンとは違う。

「セミのように息も絶え絶えじゃなくて・・・」
「元気そのもの!」

誤って、建物の中に迷い込んできたらしい。
でも、いつも不思議に思うことがある。

「不思議?」
「うん、私、7階に住んでるから・・・」

飛ぶことができる彼らには、7階もわけないとは思う。
けど、ここまで飛んでくる必要もないだろう。

「壁を登ってきたとも思えないし」
「・・・それより、話の続きは?」

随分と脱線してしまった。

「ごめん、ごめん!」

バッタは元気そのものだった。
でも、ここに居たらそう長くは生きられない。

「手をグーにして、その中に入ってもらったの」

その名残が、さっきのグーだ。

「元気だから、くすぐったくて」
「・・・私には無理!」

そのまま一階に降りて、適当な草むらで手放した。
力強いキックで草むらに消えたバッタの感触が手に残っている。
S924
(No.924完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »