« [No.917-2]新しい生活 | トップページ | [No.918-2]飛び出し注意! »

[No.918-1]飛び出し注意!

No.918-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「前から思ってたんだけどさぁ・・・」
「なによ、あらたまって」

とは言うものの、今、言う必要があるのだろうか?
学校に着いてからでもいいはずなのに。

「この辺りになると、ゆっくり走ってない?」
「・・・ゆっくり?」

正直、自分の走りを気にしたことはない。
いつも通りの速度で自転車を漕いでいるつもりだ。

「多分、このわき道に入ったら・・・だと思う」

わき道と言っても、自転車でも十分すれ違うことができる。

「学生が歩いてることが多いから?」

自分のことなのに疑問形になってしまった。

「それはこっちのセリフだよ!」
「・・・だよね」

自分では意識したことはない。
だから、本音を言えば私が聞きたいくらいだ。

「強いて言えば走り難いからじゃない?」
「今は草刈してるからいいけど・・・」

しばらくすれば、また生えてくるだろう。
そうなると、このあたりは雑草でうっそうとなる。

「まぁ・・・そう言われたらそうだけど」

自分でも分からないまま、わき道を先に進む。

(No.918-2へ続く)

|

« [No.917-2]新しい生活 | トップページ | [No.918-2]飛び出し注意! »

(037)小説No.901~925」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.917-2]新しい生活 | トップページ | [No.918-2]飛び出し注意! »